売れるOEM商品を作るために必要なこと

更新日:

どうも、Masakiです。

今回は売れるOEM商品について解説していきます。

OEMとは簡単にいうとオリジナル商品のことであなたのブランド名で販売することができます。

難しく聞こえるかもしれませんが、簡易的なOEMであれば誰でもすぐに作れます。

中国輸入で長期的に稼いでいくにはオリジナル商品になります。

この売れるオリジナル商品を作ることができれば商品ページは資産になります。

そして、あなたは在庫補充だけで稼いでいくことが可能になります。

自動販売機のようなものですね。

設置をしておいて売れたら補充するといった仕組みになります。

この売れる商品ページを作ることが鍵になります。

 

 

間違ったやり方でオリジナル商品を作っても売れません

巷では間違ったオリジナル商品を作っている人がたくさんいます。

「Amazonで売れているランキングの高い商品と同じOR似た商品に自分のロゴを入れて販売する」

こういったやり方を推奨している塾も多く存在します。

しかし、多くの人はうまくいかずに挫折してしまうでしょう。

ロゴを入れたり商標権をつけても購入者にとってはどうでもいい話です。

むしろ、そのロゴが邪魔になって売れないことだってあります。

こういったやり方で最初からOEM商品を作ったが売れずに借金を抱えてしまったという人もいます。

 

ビジネスなのですから当たり前の話ですよね。

例えば聞いたことのないような無名の会社が仮にiphoneと全く同じ商品を世に出しても

Appleと同じ結果は出ませんよね。

資金力、ブランディング、マーケティング力、広告・・・何もかも違います。

 

売れている商品というのは売れている理由があって真似すべきなのは商品ではなく

「売れている理由」を真似するべきです。

売れているものには全て売れている理由があります。

そういったものを注視していく必要があります。

 

需要と供給のバランス

多くの人は需要しか見ていません。

しかし供給を確認しなければいけません。

例えば「車 スマホホルダー」の市場を見てみます。

 

 

こちらの市場は長期にわたって根強い需要がある市場です。

車で携帯を固定したい需要が強いからですね。

需要は強いのはわかりました。

供給を確認してみます。

 

40000件以上となっています。

本当に商品ページがたくさん存在するのかを確認してみます。

 

下の方に行って次へで次のページを確認していきましょう。

そうすると何ページにも似たような商品がたくさん出てきます。

あなたもご自身の目で確認してみてください。

 

需要は強いけど供給も多い。

そして強い商品ページでは商品レビューが1000件以上あります。

なので今からここに似たような商品にロゴ入れてオリジナル商品として

販売しても売れる可能性は極めて低いでしょう。

需要しか見ていない人はどんどん同じような商品で参入してしまいます。

商品が売れないから値段を下げて現金化を急いだり広告に大金を使ってしまいます。

そして利益を出すどころか逆に損をしてしまいます。

 

購入者の求めてる商品を提供する

では、どういった商品を販売していけば稼げるでしょうか。

それは購入者の求めているものを提供する必要があります。

購入者の求めているものを探すのにはどうしたらいいのか?

それが本当のリサーチになります。

購入者の声をリサーチしていきましょう。

僕たちはネットでの販売なので購入者の声というのはレビューにあります。

レビューには購入者の喜びや不満、悩み、改善希望などといった様々な声があります。

Amazonにもあるし楽天にもヤフーにもあります。

または知恵袋やツイッターなどでも購入者の声というのは存在します。

 

そういった購入者の声を聞いていくことで購入者の求めているものを

提供していくことができるようになります。

 

多くの人は同業者であるライバルばかりを意識しています。

そういうことではなく購入者を意識して販売をしていくようにしましょう。

 

リサーチに関しても多くの人はAmazonリサーチしかしません。

それでは他者と同じ商品しか作れず市場が飽和してもおかしくありません。

Amazonだけではなく他媒体の楽天やヤフーといった媒体からもリサーチしていくようにしましょう。

また、雑誌やテレビ、youtubeなどの情報も収集するといいでしょう。

他の媒体で売れている商品でもAmazonには商品ページがない商品もたくさんあります。

そういった商品を扱えば独占販売して稼いでいくこともできるようになります。

「他者とは違う視点」を持つことが重要なことです。

 

長くはなりましたが、需要のみを確認して購入者の声に耳を傾けずに商品を作るというのは

ただの自己満足でしかありません。

お客様というのは支払う金額より価値のあるものにしかお金は払いません。

自己満足の商品ではなく購入者に喜んでもらえる商品を作るようにしていきましょう。

 

 

-中国輸入 Amazon販売

Copyright© メルカリ古着転売で毎月50万円の安定収入を目指しませんか? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.