中国輸入ビジネスで商標の調べ方

投稿日:

どうも、Masakiです。

今回は商標権の調べ方について解説をしていきます。

商標権のある商品ページに相乗り出品をしてしまうとAmazonから警告を受けてしまいます。

悪い時にはアカウントの停止にも繋がってしまうので注意が必要になります。

商標権は国の法律で知的財産権として守られている法律です。

 

商標権には文字商標とロゴ商標があります。

文字商標を取得している出品者は主にブランド名で商標権を取得しています。

有名な会社で言えば「SONY」も商標として取得されています。

なので、商品タイトルに文字商標らしき文字やブランド名があれば商標権を取得しているか確認するようにしてください。

多くの場合はブランド名は商品タイトルの一番前のことが多いです。

 

 

商標権は下記の特許庁のサイトで調べることができます。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

 

検索窓に入力して調べます。

 

Amazonは同一商品であれば同じカタログで販売することを推奨しています。

つまり、Amazonは相乗り販売を推奨しているということになります。

しかし、長期的に出品者が一人で独占販売をしている商品があります。

こういった商品は商標権が取られていないかを確認する必要があります。

 

真ん中の出品者が「1」ですよね。

こういった商品は要注意です。

基本的にAmazonで販売をしていれば他の出品者に商品リサーチをされます。

特別なリサーチ方法を持っていれば例外かもしれませんがその可能性はとても低いです。

なので、あなたが見つけた商品は他の人も見つけている可能性が高いです。

それなのに長期で出品者が一人であれば疑ったほうがいいでしょう。

商標権を取得している場合があります。

または、参入障壁をつけている場合があります。

※独占販売のための参入障壁の記事は別の記事で解説していきます。

 

また、ブランド名をGoogle検索するともいいでしょう。

ブランド名で検索してホームページなどが出てくればメーカー品の可能性があります。

 

 

-中国輸入 Amazon販売

Copyright© メルカリ古着転売で毎月50万円の安定収入を目指しませんか? , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.