中国輸入ビジネスの進め方

投稿日:

どうも、Masakiです。

今回は中国輸入ビジネスの進め方について解説していきます。

よくある間違いの例としては初心者がいきなりOEMで大量のロット数を仕入れてしまい

売れずに不良在庫となり借金を抱えてしまったという人がいます。

こういうやり方を推奨している塾もあります。

しかし、初心者がいきなりOEMやオリジナル商品で稼ぐというのは難しいと思います。

売り方も知らなければ集客の方法も知らない、、これでは商品は売れません。

なので、販売に慣れるということから始めることをお勧めします。

 

まずは、相乗り販売を経験していくのがいいでしょう。

相乗り販売とは商品カタログに文字通り相乗りしていく方法になります。

相乗り販売で仕入れ、販売といった一連の流れをしっかしと覚えていきましょう。

そして、どういった販売ページなら売れるのか、どういった中国商品が日本で売れるのかなどを自分の体感として学んでいくのがいいです。

 

一連の流れを理解してから新規出品に取り組んでいくようにしましょう。

新規出品ではPDCAがとても大切な考え方になります。

計画→実行→評価→改善を回していきます。

新規出品ではいきなり商品が売れるというのも難しいです。

なので、常に改善して行動していくようにしましょう。

 

新規出品で売れる商品ができれば参入障壁を作って第三者に相乗りされないようにして独占販売をしていきましょう。

売れる商品になれば補充して売れるといった正に自動販売機が完成します。

FBAに納品するだけで売れていくといったことになります。

なのでリピート販売が出来て販売できるのは自分だけになります。

中国輸入の商品は大量に売れますのでびっくりすると思います。

 

また、中国輸入の商品はフリマアプリやヤフオク等の他販路でも販売が可能です。

他販路で販売することで売り上げも大きくしていくことができます。

FBAであればマルチチャネルを利用することもできます。

マルチチャネルとはFBAにある商品が他の販路で売れた場合、住所や氏名を入力するだけで

Amazonが箱に入れて配送までしてくれるサービスです。

 

僕もせどりや輸出で独立できる金額を稼いできましたが、中国輸入は利益率も高く、リピート販売もできる

そして売れる商品ページを作れば商品ページが資産になります。

非常に奥の深いビジネスだと感じています。

是非、中国輸入ビジネスを学んで少しずつでも行動して行きましょう。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

 

 

 

-準備登録

Copyright© メルカリ古着転売で毎月50万円の安定収入を目指しませんか? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.