古着転売が会社員の副業におすすめの理由

更新日:

どうも、Masakiです。

今回は古着転売が会社員の副業におすすめ出来る理由について話をしていきます。

結論を先に伝えるとこの2つの理由です。

  1. 手元のお金を増やすことができる
  2. 消費税の課税事業者に該当しないでビジネスが出来る

具体的な話に入る前に少し僕のビジネスの歴史について話をさせてください。

何故かと言うと僕は5年間以上物販ビジネスだけで生活をしています。

文字通りこの間は他の仕事やアルバイトもしていません。

物販ビジネスだけの収入で生活をし続けることが出来ています。

 

なので、他の発信者が話せない物販ビジネス専業のリアルについても

踏み込んだ話をしていきます。

僕がこれまでに実践をしてきたビジネスは以下の通りです。

  • Amazon中古せどり
  • Amazon新品せどり
  • Amazon輸出
  • 無在庫転売
  • 中国輸入ビジネス

その他にも色々と経験してきましたがメインは上記です。

証拠画像としてこちらのデータはAmazonの出品データです。

見ていただきたいのは出品されていない商品が8000ほどありますが、

全て僕が販売してきた商品で在庫切れの商品です。

 

前置きが長くなってしまいました。

では本題に入っていきますね。

これから会社員の副業としてビジネスを始めたいあなたに

古着転売がおすすめできる理由について話していきますね。

1、手元のお金を増やすことが出来る

上記で話したように色々な物販ビジネスを実践して稼いできました。

その中でも圧倒的に利益率が高いビジネスが古着転売ビジネスです。

これはもしかしたらあなたも聞いたことがあるかもしれません。

 

では、なぜ利益率の高いビジネスを選ぶべきなのかあなたは知っていますか?

少しあなたも考えてみてくださいね。

それは手元のお金を増やすことが出来るからなんです。

 

あなたは「そんなの当たり前じゃないの?」と思っているかもしれません。

でも実は違うんです。

 

どう言うことか具体的に話していきますね。

これから数字を使って解説していきます。

数字が苦手の場合はゆっくり休みながら記事を読んでいってくださいね。

利益率が高いと言う事は仕入れに使うお金が少なくて済みます。

あなたも実際に想像してみてくださいね。

 

僕が中古せどりで稼いでいたときの利益率は約30%でした。

※ちなみにこの利益率はせどりでは高い数字です。

※新品せどりの場合10%くらいの利益率の人も多いです。

30万円の利益を作るのに必要な仕入れ資金はその倍以上必要になります。

少なく見積もっても60〜80万円以上を仕入れに使います。

 

ですが、全て売れる訳ではありません。

売れるまでの間は在庫になります。

そして翌月も利益を稼ぐために60〜80万円以上を仕入れに使います。

そのため数字の上では30万円の利益が出ていても手元のお金は増えていないんです。

むしろ手元のお金は減っています。

 

一方で古着転売はどうでしょうか。

古着転売の利益率は60%を超えてきます。

先ほどと同じ条件で話をしますね。

 

30万円の利益を作るのに必要な仕入れ資金は10万円もあれば大丈夫です。

そのため翌月仕入れに10万円を使っても手元のお金は増えていきます。

これが会社員の副業に古着転売をおすすめする大きな理由です。

 

2、消費税の課税事業者に該当しないでビジネスが出来る

5年間の間に物販ビジネスを実践している知人や友人が

ビジネスの世界から消えていく現実をこの目にしてきました。

 

せどりで数百万円を売り上げている友人がいました。

その友人は新品せどりと言われる手法で稼いでいました。

※新品せどりとは家電量販店やトイザラスなどでAmazonと価格差を調べて

仕入れてAmazonで販売する方法です。

 

利益率は10%くらいのものでもガンガン仕入れて売り上げを上げていくスタイルで、

利益が1000円出るなら10000円の商品でも仕入れて稼いでいました。

特にクリスマスや年末は商品がものすごく売れるので売り上げも大きく上げていっていました。

 

そんな彼と久しぶりに喫茶店で会った時の話です。

僕:「最近は調子はどう?」

友人:暗い顔をして「ビジネスを辞めようと思う・・・。」

僕:「え?どうして?」

友人:「消費税が100万円以上請求がきたけど手元にお金が無いんだよね・・。」

 

その彼は資金繰りに追われてビジネスの世界から消えていってしまいました。

その理由が消費税です。

個人でも1000万円以上を売り上げると2年後から消費税を支払う義務があります。

僕たちがお客さんから支払ってもらっているお金の中には消費税が含まれています。

その消費税分のお金を税金として支払う必要があります。

国税庁のホームページから抜粋します。

 

僕は税理士ではないので消費税の計算方法の説明は省かせてもらいます。

気になれば国税庁のホームページに詳しく解説されていますので確認してみてください。

国税庁のホームページはこちら

 

※消費税は売上×10%ではないですからね。

仕入れにも消費税は納めているのでその分は差引いて計算されます。

 

友人の話に戻しますね。

彼は利益率10%で商品を仕入れて資金を回して稼いでいました。

売り上げは大きくて派手ですが手元のお金はたいして増えていませんでした。

なので消費税の支払いにも苦労をしていました。

 

会社員の副業に古着転売をおすすめする理由の2つ目がこの理由です。

消費税の課税事業者にならないでビジネスが出来ることです。

古着転売で30万円の利益を稼ぐのに必要な売り上げは60万円もあれば十分なくらいです。

売り上げ50万円で利益30万円を稼ぐことも出来ます。

毎月60万円の売り上げでも年間売り上げは720万円です。

そのため免税事業者となり消費税を支払う義務が発生しませんのでお金を自分の手元に残すことが出来ます。

 

まとめ

今回は古着転売が会社員の副業におすすめな2つの理由について解説しました。

まとめると利益率が高く大きな売り上げを必要としないこと。

個人でできるビジネスで手元のお金も増やすことが出来るのが古着転売ということです。

何のビジネスをするかは手段でしかありません。

僕たちの目的は自由に使えるお金や自由に使える時間を増やしていくことです。

 

追伸

コロナは本当に怖いウイルスですね。

今は会社どころか国に助けてもらうこともできません。

多くの人が不安を抱えて生活しています。

個人で稼ぐ知識とスキルが必要な時代になっています。

会社や仕事がなくなってしまうかもしれません。

でも、自分の知識やスキルは一度身に付けてしまえば失うことはありません。

僕自身4月も古着転売だけで50万円を稼ぐことが出来ました。

※売り上げ3分の2ほどの振込みで、その他支払いもメルペイを使用しています。

 

 

この稼いだお金はコンサルや教材、本など自分の頭に投資をしていっています。

知識とスキルが一番安心できる資産になるからです。

知識やスキルは盗まれることもなければ腐ることも減っってしまうこともありません。

会社どころか国にも頼ることは出来ません。

そうであれば自分や大切な家族を守っていくのは自分でしかありません。

 

個人で稼ぐスキルと言ってもそこまで難しいものではありません。

今から実践をして十分身に付けることが出来ます。

会社員の収入と同じくらいの金額を稼ぐことは継続さえできれば実現することが出来ます。

 

古着転売は物販ビジネスなので、商品知識が必要になります。

そこで今回は期間限定で無料のプレゼント動画を作成しました。

仕入れて稼げる穴場のブランド、商品を10個ほど紹介しています。

ナイキやアディダス、トミーヒルフィガー、ラルフローレンといった有名ブランド以外をご紹介している動画です。

 

受け取り方は簡単で僕のメルマガ登録フォームがありますのでこちらからご登録ください。

メルマガ登録はこちら

自動返信ですぐにプレゼント動画を受け取ることが出来ます。

30秒で終わりますので是非プレゼントを受け取ってくださいね。

-古着転売

Copyright© メルカリ古着転売で毎月50万円の安定収入を目指しませんか? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.