古着転売の卸仕入れのメリットと注意点

投稿日:

どうも、Masakiです。

今回は古着転売の卸仕入れに行ってきたのでメリットと注意点について解説していきます。

卸仕入れとは基本的に業者間取引のことです。

古着屋も卸から仕入れて小売販売をしています。

業者間取引といっても個人でも大丈夫なところが多いです。

 

僕が行った卸は神奈川の倉庫なのですが、下記のような条件でした。

ミニマムは3万円以上

事前予約が必須

4時間ほど自由にピックできる

タイから買い付けた古着が大量にある

 

※ミニマムとは最低仕入れ金額です。それ以下では販売してくれないということです。

 

卸仕入れのメリット

 

店舗では仕入れることのできない商品が大量にあります。

・派手なスポーツ系ナイロンジャケット

・ノースフェイスのマウンテンジャケット

・バーバリーのコート

 

店舗では見ることのできない上記のような商品が大量に存在します。

店舗ではあっても価格がすでに高い場合が多いです。

卸を使えば人気アイテムを仕入れることが可能です。

タイからこういった商品を大量に買い付けています。

なので、店舗ではこういった商品をピックする必要がありますが、

卸ではほとんど全ての商品が売れるアイテムなので仕入れに困ることがなくなります。

 

卸仕入れで必ず確認すること

メリットの多い卸仕入れですが、必ず確認した方がいい点があります。

・汚れの確認

・ファスナーやサイドポケットのファスナーが壊れていないか確認

・マウンテンジャケットのウレタンコーティングのの剥がれの確認

 

通常店舗では綺麗な商品が多いですが卸仕入れの場合は汚れている商品があります。

暗い倉庫でピックしていると確認が難しいですがしっかり見ましょう。

汚れていてもデザインがよければ仕入れても問題ないです。

 

ナイロンジャケットに多いですがファスナーの開け閉めを確認した方が良いです。

ファスナーが動かなかったりサイドポケットが壊れている商品があります。

 

ノースフェイスなどのマウンテンジャケットは裏面のウレタンコーティングが剥がれていることがあります。

白い粉がポロポロ落ちてしまいます。

 

上記が注意する点で確認することになります。

卸を使えば仕入れに困ることはなくなります。

通常のせどりの場合は卸仕入れを使うことは難しいですが、古着の場合は業者も日本中に存在します。

ぜひあなたも挑戦してみてください。

-古着転売

Copyright© メルカリ古着転売で毎月50万円の安定収入を目指しませんか? , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.